ライフスタイル 2020年9月17日

孫世代と祖父母世代をつなぐ新サービス 『マゴ写レター』で意義のある祖父母孝行を

Sponsored by 日本郵便

『マゴ写レター』とは?

「最後におじいちゃんおばあちゃんと会ったのはいつだっけ?」と、今年は帰省したくてもできず、離れて暮らす祖父母とのコミュニケーションが取れていないと感じる方が多いのではないだろうか?
そんな孫世代と祖父母世代を繋ぐ新しいコミュニケーションツールとして、『マゴ写レター』というサービスが始まった。
孫が送り主となり、スマートフォンで公式サイトから簡単に、自分の写真とメッセージを添えて『マゴ写レター』(往復はがき)を送ることができる。
送った往復はがきは、孫から祖父母へ心身の健康と日々の感謝を伝える日として「祖父母との交流・いい孫の日」と新たに制定された11月5日に祖父母の手元に届くようになっている(※)。祖父母は『マゴ写レター』(往復はがき)を受け取り、印刷された孫の写真を手元に残しつつ、返事を書き返信することができる。
双方向コミュニケーションが取れる、往復はがきの良さを生かした、新しいサービスである。
※お住いの地域、道路交通状況により、お届け日が前後する場合がございます。

「読む・書く・ポストに届ける」が認知症患者さんのサポートに期待

『マゴ写レター』が届いた祖父母が行う、手紙を「読む・書く・ポストに届ける」こと、これら1つ1つの行動は認知症患者さんのサポートに期待があるとされている。「マゴ写レターで行う様々な動作が認知症抑制に与える影響」について、認知症に関わる診察を行っている医師120人を対象にアンケートを実施した結果、『マゴ写レター』で行う「見る、書く、歩く」の動作は認知症患者のサポートの充実化へ繋がると6割以上が回答した。

離れて暮らす祖父母にはなかなか会うことが難しい今年。ぜひ『マゴ写レター』を送ってみては?
Webで10月19日(月)まで受け付けている。

■商品概要
商品名:マゴ写レター
価格:500円(税込)
販売期間:2020年9月18日(金)~2020年10月19日(月)
往復はがきの到着予定:2020年11月5日(木)頃に受取人へ往復葉書を配達
※お住いの地域、道路交通状況により、お届け日が前後する場合がございます。
ご利用方法:
①マゴ写レター公式WEBサイト(https://magosha-letter.jp)にアクセス
 ※本サービスはスマートフォンからのみお申込みいただけます。
②必要な情報・写真・本文を登録し決済
③2020年11月5日(木)「祖父母との交流・いい孫の日」頃に祖父母の元へマゴ写レターをお届け
④受取人は、返信面に記入し、返信部分をポストへ投函。
⑤マゴ写レターの返信を孫へお届け

詳しくはこちら https://www.magosha-letter.jp/